【ご注文ガイド】データ入稿・作成についてオリジナル生地プリント専門のフィロステキスタイル

生地プリント・布印刷データ入稿方法

弊社では基本的に完全データ(プリントに使用できるデータ)での入稿をお願いしております。ご注文の際はホームページの注文画面からファイルを添付またはメールにてお送りください。メディア(CD-RやDVD-R)による入稿は受け付けておりませんので、ご了承ください。

※注文画面へのファイル添付の場合、未決済分の注文のデータは自動的に削除されます。注文画面へのファイル添付は決済続きを行う方のみお願いします。
※注文画面からファイル添付を行う場合、登録可能拡張子はzip,lzh,jpg,jpeg,gif,pngです。弊社推奨のTIFF、PSDファイルの場合は、お手数ですが圧縮ファイル(zip、lzh)に変換後添付をお願いします。また50MB以上の大量ファイルは、ファイル転送サービスをご利用の上メールにてURLをお知らせください。

完全データの場合

※完全データとは訂正する必要なくそのままプリントに使用できるデータのことです。

対応可能データ: TIFF、PSD、JPG、PNG、GIF

プリントの質を保つためにTIFF、PSD推奨

※Word、Excel、PowerpointなどのOffice系のファイルでの入稿はできません。

カラーモードはRGB推奨

完全データではない場合

完全データ以外のデータの場合、データ加工費を別途いただいた上、弊社にてデータ加工を行います。 またデータに不備がある場合、お客様にてデータを修正または弊社にデータ加工を依頼されるかをご選択ください。

※デザインの作成依頼は受け付けておりません。また複雑なデザインの場合、データ加工をお断りする場合がございますので、予めご了承ください。

生地プリント・布印刷データ作成のポイント

柄について

柄について

  • リピート柄の場合、必ず送りをつけてください。
  • リピート柄の図案のつなぎ目にズレがないかご確認ください。
  • 送りの際、天地左右端にアンチエイリアスがかからないようにしてください。
  • レイヤーは必ず統合した状態にしてください。
  • スキャンして画像を使用される場合は、ほこりやごみが写りこまないようにご注意ください。

生地方向

※生地の方向に気を付けてデータを作成してください。

色について

弊社では色合わせサービスは行っておりません。お客様からいただいたデータをそのまま出力します。

イラストレータやフォトショップでのデータ作成の場合

イラストレーター(Adobe Illustrator)

  • 画像解像度は150~200dpiを推奨
  • 文字は必ずアウトライン化してください。
  • 原寸サイズで作成してください。
  • リピート柄(総柄)の場合は、1リピート分のデータを入稿してください。
  • トンボ・トリムマークは作成しないでください
  • ビットマップファイルで保存してください。

イラストレーターでのリピート柄作成方法をご参考ください。

フォトショップ(Adobe Photoshop)

  • 画像解像度は150~200dpiを推奨
  • 文字は必ずラスタライズ化してください。
  • カンバスサイズは仕上がり原寸サイズにしてください。
  • リピート柄(総柄)の場合は、1リピート分のデータを入稿してください。